皆さんこんにちは。愛犬動画の11CLIPです!

先日、坂上忍さんの愛犬が逃げ出してしまったことが話題になりましたね。また、Twitterを見ていると、毎日、愛犬が逃げ出してしまい探しているというツイートをみかけます。どうしてそんなにも愛犬は脱走してしまうのでしょうか?その原因について調べてみました。

 

騒音

犬の聴力は人と比較して約4倍といわれとても優れており、人の400倍の距離の音を聞き分けてしまうそうです(正確には解っておらず諸説あります)こういったことから、犬は「音」に対してとても敏感です。突然愛犬が、どこか一点を見つめ始めたり、動きを止めたりするのは、そういった音によって我々には認識できないものに警戒しているのかもしれません。

さて、犬も人間同様、大きな音にはストレスを感じます。さらに、普段聞き慣れない大きな音に対してパニックになってしまうことも。

代表的な例としては「雷」や「花火」が挙げられます。人には聞こえなかったり、遠くの方で鳴っている程度のものでも、犬はそれに怯え、我を忘れてしまうこともあります。

恐怖心

先述した「騒音」によるパニックも、もとを正せば「恐怖心」によるものなのかもしれません。

それ以外にも病院などの未知なる場所に連れていかれた時や、考えたくはないですが、身近にいる誰かの存在が脅威になっている場合、そのストレスが犬の耐性を超えてしまい逃げ出すことがあります。

人が良かれと思ってやっていることが、実は犬にとってストレスになっていることもありえます。普段から愛犬の様子をしっかりと観察して、犬の精神状況を出来る限り把握することも大切です。

散歩不足によるストレスや好奇心

犬も環境によって変化していく生き物です。極端な例ですが「生まれてから散歩に行ったことのない犬が、散歩に行かないことがストレスになる」ということは無いのではないでしょうか。しかし、一度でも外の世界を見てしまうと、それが当たり前になります。また、当然ながら、犬も好奇心を持っており、人間的にいえば「もっと広い世界をみたい」という欲求も併せ持ちます。

飼い主様によっては、毎日散歩に出かけることが難しい方もいらっしゃいます。しかし、そういった場合もランダムではなく「定期的」に散歩に行くことで、犬の「散歩に行けない」というストレスを解消しましょう。犬はとても賢く、「週に1度」と決めて実行していけば、そういった環境に順応していくと考えます。

また、散歩に行ったときにはロングリードなどを使って、愛犬が自由に動き回れる時間を作りましょう。そうすることで、犬の好奇心・探究心を満たします(ノーリード・ダメ・絶対)

生殖本能

人間同様、犬にも生殖本能があり、特にオス犬はメス犬に惹き寄せられ、外に出たい気持ちが強くなってしまうこともあるようです。これが原因となり、しつけだけではどうしようも無い場合、去勢手術を行うといったことも出来ますが、手術への負担・ホルモンバランスの変化など様々なデメリットもあります。ご自身で解決することの出来ない場合は、専門家や専門医に相談してみることをおすすめします。

 

愛犬の脱走への対策

愛犬の脱走への対策としては、やはり、愛犬がパニック状態に陥った時に「愛犬を制御できること」ではないでしょうか。その為には、普段から主従関係を築くためのしつけ + 愛犬が飼い主様の手元を離れないための道具の管理が大切です。