11CLIPでは京都や関西圏を中心に愛犬動画制作を行っています。愛犬動画は「愛犬の家族の思い出を”かたち”に残す」というコンセプトで制作を行っています。犬と家族の思い出はご家庭によってそれぞれ、今回は11CLIPを応援してくださっている方から、愛犬との思い出物語をお寄せいただきましたのでご紹介いたします。

 

出戻り犬が忠犬になったお話

先住犬が亡くなってしばらく経った頃、犬好きの母が我が家に新しい犬を迎えることを決めました。やってきたのは出戻り犬のボス君です。ビーグル犬で年齢は推定3歳でした。大きくクリクリの目が特徴的、食べることが大好きなオス犬です。

出戻り犬ボス君はインターネットで里親を募集していたそうで、どこで生まれたかは不明で放浪していたところを親切な方に保護されたそうです。我が家で迎え入れる前に里親が決まって新しい家族の元へ旅立ったこともあるそうなのですが、持ち前の食い意地が災いし、うまく信頼関係が築けず既に2回も出戻っていたのでした。ボス君を迎え入れる前、一時的にボス君を保護していた方から何度も何度も「大丈夫ですか?」と確認されましたが、我が家はみんな大の動物好きでしたので「大丈夫です」とお答えしました。

放浪、出戻りを繰り返し、甘え方のわからないボス君でしたが、我が家へ来た当初から人懐っこい犬でした。いつでも食べ物にありつける環境にいなかったためか食い意地が張っていて、食べ物が絡むとこちらを威嚇してくるような仕草がありました。それでも時間をかけて接していく内に心を開いてくれるようになり、いつでも家族の誰かに寄り添って過ごすようになりました。特に母のことは大好きで、母が家にいる間は常に付いて回っていました。

ボス君が家に来て1年経つ頃にはエサの途中で近づいても威嚇することはなくなり、お手、おすわりはもちろん、こちらの指示にしっかりと応えてくれるようになりました。そんな忠犬ボス君は、今でも家族のみんなから愛されて過ごしています。