11CLIPでは京都や関西圏を中心に愛犬動画制作を行っています。愛犬動画は「愛犬の家族の思い出を”かたち”に残す」というコンセプトで制作を行っています。犬と家族の思い出はご家庭によってそれぞれ、今回は11CLIPを応援してくださっている方から、愛犬との思い出物語をお寄せいただきましたのでご紹介いたします。

 

捨て犬リュウタとの思い出

捨て犬と思われる中型犬の雑種の犬が我が家の庭から動こうとせず、仕方なく我が家で飼う事になりました。

名前は父がリュウタと名付けました。我が家に着た頃にはとっくに成犬です。

我が家では犬を飼うのが初めてて、家族全員仕事をしていたので毎日の散歩は家族で交代制でした。

リュウタは一度捨てられた不安からか、人に逆らったり吠えたりしない犬でした。

そんなリュウタが初めて甘えてきたのは雷が鳴った夜の事。

あんまり吠えるので玄関の中に入れたところ、それでも怖かったようで父親の布団に潜り込んでは一晩過ごしたんです。それからは、雷の日の定番の光景になってしまいました。

私が散歩に連れて行く時もありましたが、私が疲れていたりすると心配そうに顔を覗き込んできては早く散歩を終わらせてあげようとして家に戻ろうとするんです。

あまりにも健気な姿に、そんな事しなくても捨てないからねと言いいつもより長く散歩したり、帰ってからも遊んであげたりしました。

その一件から、犬嫌いな私がリュウタのおかげで犬が大好きになってブラッシングしてあげたり、おもちゃを買い与えたりとリュウタを可愛がりました。

そうしていても、リュウタは遠慮ばかりで散歩に行きたくても吠えなかったりお腹が空いても吠えたりしないので犬の傷ついた心はなかなか癒してあげられないんだなと感じていました。